育毛剤を比較し隊!

育毛剤の効果や効能をはじめ、製品の比較や副作用などについて解説しています。

育毛しよう!
画像

育毛剤は夜に効く?

育毛剤は夜が効くという話を耳にすることがあります。髪の毛の成長するサイクルについて知れば、それが正しい考え方だと分かります。
髪の毛は、主にアミノ酸から作られている毛母細胞が細胞分裂を繰り返しながら成長していきます。この細胞分裂は、夜9時頃に最も活発になることが分かっています。つまり、帰宅後に育毛剤を付ければ、髪の毛の成長が盛んになる時期に重なるので、より有効成分の力を取り入れることができるのです。
ただし、大急ぎで育毛剤を付けた後で夜更かしをしたり睡眠を十分取らずに寝不足が続くような状態では、育毛効果は期待できません。疲労や不規則な生活、睡眠不足などのストレスは、毛母細胞が細胞分裂する力を弱めてしまいます。なかなか効果が出ないという人は、きちんと毎晩育毛剤を付けていても、ストレスの多い生活を送っている場合が多いのです。
つまり、生活のリズムが乱れると、髪の成長が阻害されやすいということです。育毛を始めようと決意したら、生活環境も見直しましょう。ストレスをできるだけ避け、夜はリラックスして過ごすようにすると毛母細胞が活発に活動してくれます。夜9時以降はリラックスタイムと決めて、育毛生活を始めてみませんか?

効果が薄いと感じる人の共通点として、以下の3つがあります。

  1. 頭皮に炎症、かぶれなどがある場合
  2. 身体の栄養管理ができていない場合
  3. 継続使用6ヵ月~1年未満でやめてしまう場合

頭皮に炎症やかぶれなどの症状がある場合は、まず、頭皮の状態を正常に回復させてから使用するようにしましょう。
また、育毛剤は程度の差こそあれ、頭皮に刺激を与えるものです。そして、育毛剤はローションに属します。ローションには皮膚を保護したり補修したりする作用がないため、もし自分の肌に合わない育毛剤ならば、たとえ高価なものでも逆に頭皮を傷めてしまう可能性があります。

通常の育毛剤は、「血管を拡張し、血行を良くし、毛根に栄養をより多く届けること」を目的としています。つまり、育毛剤は、髪に直接働きかけるというよりも、人間に本来備わっている自然な育毛機能をよりスムーズに展開させるための補助としての役割を果たしているのです。
そのため、そもそも身体に栄養が行き届いていない場合、何も補助しようがなく、したがって十分に育毛剤の効果が発揮できないことになります。
野菜や果物中心の食事に加えて、育毛サプリメントで育毛の必須栄養素を補うと効果的です。

通常はどこのメーカーでも、育毛剤の効果は最低6ヵ月から現れはじめると言っています。6か月というよりも、1年間はいくつかの育毛剤を使ってみるべきです。
ケア開始当初から、頭皮は除々に改善されていきますが、平均的に開始2~3ヶ月は見た目の変化がない、または進行することが普通です。